永代供養墓にかかる費用

永代供養のメリットには、遺骨を納骨するときから他の人の遺骨と合祀にするときには料金が一般的には低く設定されていることや、定期的に支払い続ける必要がある管理料がほとんどのケースで必要ないことなどが挙げられます。



また、永代供養のデメリットには他の人たちの遺骨が混入しているので、合祀した後になってから他のお墓などに故人だけの遺骨を移動させることができなくなってしまうことや、特定の人の遺骨に対して手を合わせることができなくなったりすることがあるので、契約をする前には慎重に検討する必要があります。永代供養墓にかかる費用には、永代に亘り供養してもらうための永代供養料や、一般的なお墓と同様の墓地使用料としての永代使用料、永代に亘り管理してもらうための永代管理料、納骨するための手数料としての納骨料、墓誌に家紋や戒名、法名などを刻み込む墓碑、刻字料などがあります。



永代供養墓にかかる費用は、これらの代金を一式でまとめて扱われることがほとんどなのですが、墓碑、刻字料などについては一式の中に含まれず、別途費用として扱う業者などもあるため注意する必要があります。
永代供養墓に遺骨を納骨することを検討するときには、前もって納骨をする予定の墓地や霊園に詳しいことを確認しておく必要があります。


永代供養墓の大まかな内容については、パンフレットなどを見れば知ることができますが、納骨をする予定の墓地や霊園の管理者から説明してもらって確認する必要があります。

役立つ産経ニュースがさらに話題になりそうです。